徒然なるままに書く東大生日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京モーターショー
昨日、ついに念願の「東京モーターショー」に行ってきた。
京葉線の海浜幕張駅からすぐの所にある幕張メッセで行われており、
まずは人の多さにびっくり。入場者は既に計100万人を越えていて、
開催される今週末までには150万人に至ると予想されていたのも
納得だった。
会場内は何やら異様な熱気に包まれており、それこそ老若男女幅広い
年齢層のクルマニアが合計199台の出展車を羨望の眼差しとともに
眺めていた。


自分も負けじと写真を撮りつつ、パンフを片っ端からもらいつつ、
車を見まくる。とにかく車、車。車漬け。もう幸せの一言。
自分としては日産のスカイラインGT-Rの新型が一番のお目当て
だったのだが、写真で紹介してあるのはプジョーの407クーペ。
車業界では知らない人はいないであろう世界的デザイナーである
ピニンファリーナによるデザインの魂を体現するこの車。
はっきり言って、美しい。かつてはフェラーリのデザインも同氏が
担当したものがあり、それはそれでフェラーリ的な美しさを漂わせて
いたが、今回のプジョー407も例に漏れず、4人が楽に乗れるくらい
の大型車であるにもかかわらず、大きさを感じさせないスタイルだった。
この他にはマクラーレンSLRやマイバッハ、ポルシェの新作
ケイマンなども見ることができて、入場料1200円のもとは
十分に取れたと思う。良い1日だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。